自分でできるMEO対策の方法。

GoogleマップにおけるWebサイトの重要性

Googleビジネスプロフィール上に掲載されているホームページに、どれくらいの人が訪問しているか、どれだけ見られているか、どのくらい滞在しているか

→ Googleの上位化につながる。

1.公式ホームページがあるか
2.情報が統一されているか
3.SSL対応しているか
4.構造化対応しているか

1.公式ホームページがあるか

会社や店舗のホームページは必須項目として認識して、存在するか確認しましょう。このホームページは、Googleビジネスプロフィールに登録します。

2.情報が統一されているか

会社名・店名・住所・電話番号・営業時間の紐づいている情報を確認しましょう。Googleビジネスプロフィールでの店舗名がカタカナ表記で、公式ホームページの店舗名が英語表記になっている場合、Googleは“別のもの”と認識してしまうそうです。営業時間についても双方の時間が違っている場合などは修正が必要です。

3.SSL対応しているか

URLに鍵マークがあるか確認。「保護されていない通信」と表記されている場合はSSL対応していないことになります。Googleはページとして非推奨しています。

対応としては、SSL証明書を発行してもらい、設定をする必要がありますが、よくわからない場合は、契約しているドメイン・レンタルサーバー会社か、ホームページ制作会社にお問い合わせください。

3.構造化対応しているか

Googleが推奨しているホームページの構造化対応がされているか確認します。ホームページの構造化とは、簡単にいうと「Googleにわかりやすい段落構成でサイトが作られているか」Google公式「構造化データ テストツール」で調べることができます。

まとめ

今回は自分でできるMEO対策の方法をご案内しました。
「作業をする時間がない」「作業がむずかしそう」「さらに効果が欲しい」など他社にご依頼される予定がある場合は、ぜひ当社へお問い合わせください。低価格で「費用対効果がわかるMEO対策」をご案内いたします。

ご案内:低価格「低価格で効果を得る!MEO対策」

この先は、低価格効果を得る!MEO対策をご案内します。

bme